フジ

Category
日本語
Tags
慢性の皮膚病
About This Project

フジは8歳半になる、メスのイングリッシュスタフォードシャイアブルテリアという犬種です。フジは3ヶ月の時に私達のもとに来て、それからすぐに様々な健康上の問題が発覚し始めました。皮膚病、目や耳の感染症、両膝の先天的な問題(膝蓋骨脱臼)等々

これらの問題で、フジの医者通いはしょっちゅう(3から5か月ごと)で、特に皮膚病;痒みをともなうカサカサの脱毛肌、大方かゆがって引っ掻いたり噛んだりするため傷がついたり、指の間がウジウジと赤く腫れあがったりなど。

いつも医者に行くたびに同じ治療で、ステロイド剤、抗生物質、抗ヒスタミン投与ばかり。原因不明で対症療法、だんだんとこの様な治療に疑問を抱くようになりました。フジの状態はちっとも良くなってはないんじゃないかと。。。

私達は対症療法ではなく、この子をちゃんと治してあげたい!と強く思うようになり、ちょうど其の頃、友達の中に、遺伝的に問題を抱えている愛犬を、香先生が良くしているのだと聞き、その子に勧められてフジを見てもらうことになりました。3年前の2015年の一月に初めて先生にお会いしました。

先生にお会いしてすぐに、今までとは違うアプローチの仕方に感嘆しました。先生はフジの外見の症状を見るばかりでなく、私の話を聞いて、フジがどのようなものを食べ、どのように生活しているのか、触診で脈拍や体温を調べ、視診でした舌の色や毛並みなどを見て、何処からこのようなフジの問題が出てくるのか、総合的に診察を行いました。そして自信満々で、”時間はかかるけど、絶対治ります” と言い切りました。

その言葉は本当でした。生活改善、食事療法、針治療、漢方の組み合わせで、皮膚が綺麗になるまで半年かかりましたが、徐々に前のような症状は消え、それ以来以前の医者に、皮膚病でかかることはなくなりました。

私達は先生にお会いして、非常に満足しています。フジはもう8歳と半年が過ぎましたが、少し白髪が口の周りに出てきたくらいで、ピッカピカの毛並みです。初めてフジに合う人は良く”可愛い子犬”と言います。それくらいフジは、見た目も若い元気な犬です。先生ありがとうございます!

-Junko Tsuji  BRISBANE在住

Acupuncture

Acupuncture

Acupuncture has been used for thousands of years to help treat people and animals for all sorts of health problems...
Learn more
Herbal medicine

Herbal Medicine

Finding a natural solution is often the best way to recovery. Herbal medicines are non-invasive and easy to administer...
Learn more
Raw food

Food Therapy

A nutritious and balanced diet is an important part of maintaining your fluffy’s health. Ensure you’re feeding them the right foods...
Learn more
Cancer treatment

Cancer Treatment

Give your fluffy friend the best chance of recovery from cancer through a combination of Eastern and Western medical treatments...
Learn more
Call us today on 0401 373 603 or use our online booking form. Proven natural remedies and expert advice. A healthy pet is a happy pet!