ブルー

Category
日本語
About This Project

ある夕方のことです。我が家の愛犬「ブルー」が他の犬に噛まれるという事件が起こりました。傷を見てみると少なくとも5センチは切れていて、中の肉が見えています。ブルーはいつものように動くことができません。夕方でしたので、世の中の通常業務は終えている時間ですが、傷も大きいし心配だったので、香先生に電話して、どうしたらよいか聞きました。先生はすぐに診て下さり緊急処置の鍼をうちながら、傷口を直す方法を2つ提示してくれました。一つは、西洋医学的に縫う方法、もう一つは漢方薬を使って直す方法です。先生はメリット、デメリット、費用を説明して下さいました。ブルーのこのケースにおいては明らかに漢方薬を使う方がよりよいと判断できました。しかも費用もより安い。

私自身、幼いころから漢方薬に慣れしたしんで育ち、成人してからも漢方薬を選ぶことも多々あるのですが、それでも、香先生に出会うまで、ペットに漢方薬・東洋医学、という考えは全く持っていませんでした。先生の動物に対する愛情と考えに触れ、全くその通りだと目から鱗状態でした。

ブルーへの処方は二つの漢方薬。一つは傷の熱をとる飲み薬(先生に言われ、ブルーの傷に手を近づけてみると、熱を発しているのにびっくりしました)。もう一つは傷に直接振り掛ける粉薬(このお薬は本当によく効く皮膚のお薬として歴史の中でずっと使われてきたそうです)。

その日はそれでブルーを連れて帰ったのですが、翌日、痛さで震えるブルーがいます。香先生のところに連れて行くと、西洋医学の痛め止を打ってくださいました。(この子にとって今一番必要なのは、と考えて下さっているのがよくわかります。)そして鍼とマッサージ。これがとてもよかったのは家に帰ってすぐわかりました。ブルーは噛まれて以来初めてのうんちをしたのです。

いただいた二つの漢方薬を続け、ブルーは日々少しづつ回復していきました。 約2ヶ月後には傷はすっかり治り、今ではどこに傷があったかもうわからないほどです。

香先生と同じ地域に暮らすことができて本当に幸運だと思っています。

新井田実穂 Doonan 在住

Acupuncture

Acupuncture

Acupuncture has been used for thousands of years to help treat people and animals for all sorts of health problems...
Learn more
Herbal medicine

Herbal Medicine

Finding a natural solution is often the best way to recovery. Herbal medicines are non-invasive and easy to administer...
Learn more
Raw food

Food Therapy

A nutritious and balanced diet is an important part of maintaining your fluffy’s health. Ensure you’re feeding them the right foods...
Learn more
Cancer treatment

Cancer Treatment

Give your fluffy friend the best chance of recovery from cancer through a combination of Eastern and Western medical treatments...
Learn more
Call us today on 0401 373 603 or use our online booking form. Proven natural remedies and expert advice. A healthy pet is a happy pet!